(レバナス一括10万投資)1年放置したら15万になった

レバナス2022-2023 資産形成

レバナスに一括で10万円投資して、そのまま放置したらどれくらい増えるかを、月毎のグラフから考察しながら、実際に検証する記事です。

2022年はずっと不調だった米国株。

しかし、2023年の5月頃から上昇気流に乗り始めました。

結果、1年間投資して放置しただけで

投資額:100,000円

評価額:154,031円

損益額:+54,031円

と、150%越えの利益を得ることができました。

●レバナスに興味があるけど、中々怖くて投資ができない

●実際にレバナスがどんな金額の推移をするのか知りたい

このような疑問をグラフ実際に使って解説していきます。

スポンサーリンク

レバナスの投資概要

①期間:2022年7月19日~2023年7月19日

②証券会社:楽天証券

③銘柄:iFreeレバレッジ NASDAQ100

④投資額:10万円(一括)

レバナスの月別投資結果について

①評価損益額

②前日比率

の数値を毎日記録して、そこからグラフを作成しています。

以降は考察です。

2022年7月~8月

7月~8月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2022年7.8月)

①最小値:102,146円

②最大値:133,705円

③その差:31,559円

投資開始から1ヶ月半で、一度も元本割れはせず。

7月28日には、1日で8.32%の高騰という、投資信託ではあまりみられない、レバレッジならではの変動があった。

一方、8月29日には、1日で8.24%の下落という、大きい変動もあった。

8月28日までは、+23,000円程の利益があったが、月末に-8.34%→-2.05%→-2.16%と大きな下落が続き、+8,500円ほどまで減ってしまった。

2022年9月

9月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2022年9月)

①最大値:115,024円

②最小値:87,304円

③その差:27,720円

9月13日までは順調に高騰したが、そこから下落相場が続く。

14日には、11%の下落という、見たこともない下落が発生。

21日には、ついに10万円を割ってしまう。

トドメで-5.72%の喰らい、9月を終える。

2022年10月

10月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2022年10月)

①最大値:93,984円

②最小値:80,895円

③その差:13,089円

5日に、6.23%の高騰で90,000円台まで回復したが、11の-9.72%の下落で、そのまま右肩下がり。

半ばぐらいからは、今度は右肩上がりで90,000円台にまた戻る。

上がり下がりを繰り返した月だったが、1ヶ月単位でみてみると、価格は高騰した結果となった。

2022年11月

11月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2022年11月)

①最大値:95,486円

②最小値:79,856円

③その差:15,630円

4日の10.64%の下落でついに、70,000円台に突入してしまう。

しかし、11日に14.35%という高騰で

79,856円→91,316円となった。

その後は大きな変動もなく、結局、月始めと月末で、価格はほぼ一緒だった。

2022年12月

12月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2022年12月)

①最大値:97,440円

②最小値:84,026円

③その差:13,414円

月始めの8.86%の高騰で、100,000円復帰寸前に迫る。

しかし、年末にかけて、急激な下落はないものの、全体的に下落相場が続いた。

マイナスの連続が響き、70,000円台まで落ちてしまい、年内を終えることとなった。

2023年1月

1月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2023年1月)

①最大値:96,647円

②最小値:76,169円

③その差:20,478円

理想的な右肩上がりのグラフとなっている。

マイナスの日が計5日しかなかった。このような相場が続くとレバナスは強そう。

100,000円まであと少し。

2023年2月

2月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2023年2月)

①最大値:106,389円

②最小値:92,173円

③その差:14,216円

3.04%→4.24%→6.95%という3日連続高騰で、一気にプラス域に。

プラスになるのは、2022年9月15日以来だった。

しかし、20日以降の下落が響いて、結局マイナス域に戻ってしまう。

2023年3月

3月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2023年3月)

①最大値:106,911円

②最小値:89,692円

③その差:17,219円

90,000円~101,000円あたりを行ったり来たりという1ヶ月。

全体的にみると、右肩上がりにはなっている。

最後の2日間で少し伸びた。

20日以降に高騰の日が多かったので、プラスで終えることができた。

2023年4月

4月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2023年4月)

①最大値:110,485円

②最小値:102,353円

③その差:8,132円

目立った高騰も下落もなし。

引き続きプラス域はキープ。

2023年5月

5月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2023年5月)

①最大値:127,695円

②最小値:109,563円

③その差:18,132円

大きな高騰はなかったものの、下落の日が計5日しかなく、2%以内で収まっていた。

結果的に120,000円台に突入。

2023年6月~7月

6~7月のグラフは以下のようになった。

レバナス(2023年6、7月)

①最大値:151,476円

②最小値:127,084円

③その差:24,392円

グラフはずっと右肩上がり。

目立った高騰日はなかったが、1ヶ月半での下落日が、2%台が2回、3%台が1回しかなかった。

1日の大きな高騰よりも、0.5%ぐらいから1%台の高騰が続く方がどんどん評価額が増えていくことがわかった。

レバナスに100,000円を一括投資をした結果

丸1年で、100,000円は154,031円となり

+54,031円

という収益を得ることができた。

まとめ

月毎のグラフを見る通り、レバナスは投資信託の割には上がり下がりが激しいです。

おすすめは「最悪7割ぐらいなくなってもいいかな」という額を、2倍ぐらいになったらラッキーぐらいの気持ちで投資をすることです。

投資信託のアメリカ株の安全度は

S&P500>NASDAQ100>レバナス。

もちろん利益が出た時に凄いのは、その逆。

レバナスに軸を置くのはさすがに危険なので、S&P500を軸にするのが安全かつ長期的な利益も見込めると思っています。

レバナスは、税金が必ずかかる投資信託でもあります。

新NISAでも対象にもなりません。あくまで余裕のある資金で。

下落相場になると、2倍のレバレッジがかかっているので、1倍のNASDAQ100と違って、簡単には相場が戻りません。

レバナスのナンピン買い(下落時に買い増しをすること)もおすすめはしないです。

今後のレバナス投資方針

レバナスについては、利確せず、追加投資もせず、そのままにしていこうと思います。

20万円突破を狙っているので、引き続き見守っていきます。

S&P500とNASDAQ100も投資しているので、今後の更なる上昇に期待です。

(レバナス長期保有について)2年間で元本の2倍になりました
レバナスに一括投資して2年後には元本の2倍になっていた話
資産形成関係の記事はこちら
(成長投資枠のおすすめはこれ1つ)ナスダック100に投資する理由
成長投資枠にナスダック100をおすすめする理由をお伝えします。
(こんな人は新NISAをやらないほうがいい)投資or銀行預金
この質問1つで、新NISAor銀行預金のどちらが向いているのかが分かる
米国株利確:楽天証券の投資信託売却方法と税金計算を画像付き解説
楽天証券で投資信託の売却手順や損益確定までの流れを解説してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました